過去の高値、安値やもみ合いのゾーンの他に、株価が移動平均線やトレンドラインと交差した、接したところが節目


節目は、過去の研究が重要になってきます。過去の高値、安値やもみ合いのゾーンの他に、株価が移動平均線やトレンドラインと交差した、接したところが節目になります。
節目として強く意識される点としては、『過去の高値』『過去の安値』、『過去にもみ合った価格帯』、『13週移動平均線、26週移動平均線など、主たる移動平均線のかたち』、『トレンドライン』などのポイントを意識することで節目が見えてくるはずです。こういった点を意識することで売買の勝率は変化してくることでしょう。
過去のチャートを研究することで、過去の高値や安値が重要な節目になっていて、そこで株価の下落が止まったり値動きが止まったりしていることに気づくでしょう。
また、移動平均線が株価を下支えするかたちになっていたり、高値の頭を抑えるかたちになっていたりと、移動平均線自体も節目として非常に重要な役割を果たしていることが読み取れる場合も少なくありません。
他にも、ボリンジャーバンドや一目均衡表など数々の線も節目として意識していくことで戦略の種類を増やしていくことができるようになります。
過去の高値安値や、もみ合いゾーン、株価が移動平均線に接した場所の様子をよく観察してみることが感覚を磨く第一歩です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする