売りや買いが出やすくなる水準が「節目」


高値、安値、もみ合いのなかで多くの投資家が意識する、そのポイントになると売りやかい買いが出やすくなる水準が「節目」になります。下落して節目に到達すると「下げ止まった」と判断されて買いが出やすくなりますし、上昇して節目に到達すると「これ以上は上がらないだろう」と判断され売りが出やすくなります。
チャート自体は生ものですが、過去の高値や安値、もみあいとなったゾーン、移動平均線などが節目あらわしています。
節目とは、簡単に言うとトレンドが一旦休止したり転換しやすいポイントということになります。そうした節目を過去のチャートから確認しておくことで、「もうこれ以上は下がらないだろう。」「これはもう上がりきっているはずだ」という判断基準ができます。それによって、上昇トレンドのなかでも一時的に安値をつけたタイミングで株を購入する押し目買いができるようになってきます。
株価はその日その日で高値安値を更新していますが、大きな動きはなく上下しながら横ばいになっている状態から、上の方向にはなれる動きを見せたらその後上昇トレンドになるケースが多いです。そういったもみ合いから転じる場所が節目となりますので、過去のチャートを確認してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする