<株の儲けにかかる税金について1>

株の売買益

株の取引による儲けのことを『株の売買益』と呼びます。株の場合、売買益にかかる税金の税率は20%以上です。とはいえ、株式投資に税金がかかる場合というのは、「一年間の売買を通じて20万円以上のプラスの売買益を得た場合」と、「配当金を得た場合」となります。いずれにも所得税と住民税がかかってきます。そのふたつを合わせた税率は20.315%となります。

売買益が20万円以上のプラスになった年は、その翌年の春に税務署に対して確定申告を行って税金を支払う必要があります。

専業のデイトレーダーなどではなく、普通に働いている場合は、勤め先の会社からもらった給与や、賃貸アパートの経営などの不動産で得た所得とは切り離して、申告分離課税というかたちで申告することになります。20万円以上の利益がない場合は確定申告の必要はありません。これまで確定申告を行ったことがなく、なるべく面倒なことはしたくないという方の場合は、証券会社に特定口座を開設するのがおすすめです。特定口座を開く際に「源泉徴収あり」を選択しておくことで、証券会社側で税金の徴収や納税を行ってくれるため、自分で確定申告をする必要がありません。しかし、源泉徴収ありにしておいた場合では1年間の株式投資の売買益が20万円以下で納税の必要がない場合でも自動的に納税が行われてしまうため、払いすぎてしまった税金を取り戻すためには確定申告が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする