<株の儲けにかかる税金について3>


NISAについて

株の利益には20%の税金がかかります。しかし、NISAという制度を使うことで税金を安く済ませることができます。

NISAとは、毎年120万円までの投資で得られた株式や株式投資信託の売買益、配当金が非課税になる制度のことです。この非課税制度を利用するためには、通常の証券口座とは別にNISA専用の取引口座が必要になります。また、NISA専用口座は1人1口座のみ、非課税となる投資額は120万円まで、期間は最長で5年間になっています。

例をあげると、Aの銘柄の株を100万円分購入したとして5年後に倍の価格で売れた場合には 売買益は50万円になります。通常の取引であれば50万円の20%にあたる10万円を税金として支払う義務が発生します。しかし、NISA口座を使った売買であれば5年以内の取引ならば非課税なので、支払う税金はゼロということになります。

NISAのルールに基づいて120万円の限度額いっぱいの投資を毎年、5年間行ったとして、合計600万円分の株式投資から得られた儲けで支払う税金はゼロになるため非常にお得な制度といえるでしょう。5年という期間から、短期間での売買よりも長期間保有して値上がりが期待できる銘柄の購入の方がそのメリットを生かせるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする