仮想通貨とその本人確認に関する特徴

仮想通貨とその本人確認に関する特徴

金融関連の商品で取引したい時には、たいてい本人確認があります。銀行の口座を作りたい時にも、身分証などを提示する事になるでしょう。銀行としても、慎重に身元を確認したいからです。

ところで仮想通貨は、その本人確認に関する特徴があります。その通貨は、実は本人確認をしなくても取引可能だからです。現に取引所としても、その点を明示しています。その点は、株などの商品とは大きく異なるのです。

株式投資をしたいなら、必ず身分証を提示しなければなりません。基本的には証券会社を通じて取引する訳ですが、口座開設をする際に、必ず身分証を提出する事になるのです。身分証のコピーを提示したり、その証明書の画像データなどを、証券会社に提出する事になります。それで本人確認が完了すれば、口座を作れる訳です。

ところが仮想の通貨の場合は、わざわざ本人確認をしなくても、取引できます。その点は、株式投資とは大きく異なる訳です。

本人確認が不要なら、比較的手軽に投資などを行えます。それは、仮想の通貨のメリットとも言えるのです。

しかし様々な要素を考慮しますと、結局は本人確認を済ませておく方が望ましい一面もあります。というのも本人確認を行っておかないと、取引できる数量が限定されてしまうのです。動かせるお金が少なくなってしまいますから、利益が限定されてしまう傾向があります。

逆に本人確認を完了しておけば、大きなお金を動かせる訳です。ですから多くの方々は、本人確認の手続きを済ませています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする