為替相場で一番多くて長いのは横ばい相場。強いトレンドは一瞬。


為替相場で一番多くて長いのは横ばい相場。強いトレンドは一瞬。

為替相場は下降・横ばいの3つのトレンドで動きますが、上昇トレンドといっても一直線で 上昇し続けるわけではありません。多くの場合、強い値動きが続いたあと、長い横ばい相場が続き、再び強い値動きがいった“踊り場の長い階段”のような値動きもします。

2000年からの約17年に及ぶ米ドル/円の値動きですが、パッと見ると上昇→下降→上昇を繰り返しているように見えます。しかし、その上下動の過程では、値幅にして約 10円前後の横ばい相場が数多く出現して います。

上昇や下落の始まりから終わりまでをすべて利益に変えるのは至難のワザ です。横ばい相場で下がったら買い、上がったら売りを繰り返し、こつこつ 利益を上げていくことがFXの収益力アップには必要不可欠です。

そして、横ばい相場に非常に強いのが自動売買。手間ヒマかけず、決めら れたルールに従って売買を繰り返すので、細かい値動きからでも着実に利益 を上げることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする